時短スケッチ_2020年1月8日

スケッチでアウトプット

ちょっと思いついたことがあり、曲線や直線を使ったモチーフのスケッチを試してみました。

 

元になった画像はこちら。

 

やってみて良く分かりましたが、予想していた通り、パターンのバランスが崩れてしまいました。これをちゃんとバランスよく描けるように練習が必要みたいです。

先日からスケッチした風景でしっくりこないのは、これも原因の一つのように思います。

 

スケッチの練習に良い本はないかな、と探してみると、果たしてありました。

ちょうど私は水彩色鉛筆を使っていることもあり、私にぴったりです。

 

 

書き方から色鉛筆の使い方まで、詳しく説明と練習用の課題が載っていました。

時短スケッチを一旦離れて、色鉛筆を使ったスケッチについてこのシリーズの本から学んでみようと思います。

 

で、1回目がこちら。

 

 

今日はシンプルなモチーフでしたが、色鉛筆の使い方を意識してやってみたので、新鮮でした。良い本が見つかって、気分は上々です。

 

 

ところでこの本を読んでわかったのですが、時短スケッチのようなラフに描くというのは、正確に描けるようになって初めてうまくラフに描けるそうです。ラフに描くと言っても、適当に我流でやってもあまり上達しないのだとか。

私は丁寧に描かれた絵も好きなので、両方の視点で練習をしたいと思っています。

 

まずはしっかりスケッチを描けるようにひたすら練習あるのみです。

 

 

以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。