スケッチ日記_2020年2月24日

スケッチでアウトプット

従業員の自宅に集まってランチ会をした時の道中から。

 

 

ベトナムにはこういった路地裏があちらこちらにあって、思わず足を踏み入れたくなるような路地裏も沢山あります。

 

これは立ち寄ったお店の入り口に貼られていたお正月飾りの名残から。

 

この漢字、なんと読むのでしょうね。きっと縁起の良い漢字なんだと思いますが、読み方も意味もちょっとわかりませんでした。

 

こちらはホーチミンの夕暮れ風景から。

以前に住んでいたマンションの屋上からの風景です。この屋上からの風景が好きで、疲れた時なんかはよく屋上に上がってぼんやりと景色を眺めていました。

 

次は、旧正月の時に訪れたベトナム南部の水辺の街の風景から。

 

奥行きをちゃんと感じられる絵にしたくて、手すりのところ、描いては消して、描いては消して、三十分ぐらい描き直ししていました。

 

続いて、ツイッターでお世話になっている、クライブさんのツイートからのスケッチ。

 

クライブさんが奥様からバレンタインの贈り物でプレゼントされた試験管風の一輪挿しと、クライブさんが好きな花の組み合わせでした。元画像のあるツイートはこちら

 

続いて、日曜の午後のカフェ風景から。

チョコレートのケーキ、もうちょっとずしっとした感じにしたかったのですが、うまくいきませんでした。

 

 

 

スケッチ「日記」とタイトルをつけておきながら、随分と溜め込んでしまいました。

今回の最後の画像(コーヒーとチョコレートケーキ)で、50スケッチになりました。ひとまずの目標にしている100スケッチの半分まできました。

 

ここで一度、今までのスケッチを振り返りながら、今からどんな練習をしていく必要があるかを考えてみたいと思っています。あべまりえ先生の本を参考にしながら練習してきましたが、だいぶ好きなように描いてきたので、ここで一旦立ち止まり、自分が描きたいと思っているスケッチに対して、何が足りないか、どんな練習をこれからする必要があるかを整理してから、次のスケッチに続けていきたいと思っています。

 

今までスケッチする中で、人のために描いたスケッチは、下手でも喜んでもらうことができて、とても嬉しかった記憶が残っています。

人が喜んでくれるスケッチを今後も描いていけるように、これからも練習を続けます!

 

 

以上です。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。