スケッチ日記_2020年6月14日

スケッチでアウトプット

 

ホーチミン中心部の雑踏からのスケッチ。

 

書き始めてから、これは大変なモチーフを選んでしまったと気がつきました。とにかくバイクが多い。途中で気持ちが折れそうになりながら、何とか最後まで描きました。

 

人とバイクを描く練習を特化してやらないといけないなと痛感した一枚でした。

 

 

ベトナムの路地が好きなので、良い路地を見つけたらスケッチしようと思っていたところ

いつもツイッターでお世話になっているグッチさんがとても雰囲気の良い路地の写真を投稿されていたので、許可を得てスケッチさせていただきました。

 

元の写真はこちら。(提供元:グッチさん)

 

 

しばらく写真を見てスケッチをすることが続いているのですが、永沢まことさんの本では「とにかく実物を見てスケッチを」と書かれていたのがずっと引っかかっていました。

実物を見て描くスケッチを、と思って描いたのがこちら。

買ってきて自宅で飾っていた花からのスケッチ。

とてもボリューム感のあるゴージャスな花だったのですが、スケッチではそれがうまく表現できていないので描き方はもっと研究が必要です。

おまけに花の横に置いていた玄関飾りもスケッチしました。

 

地元にある博物館(万葉博物館)のお土産コーナーで買った鹿のおみくじ(この鹿の中におみくじが入っていました)と、ホーチミンのレストランでデザートについてきた柊と短冊の飾りです。

 

実物を見ながら描く時のライブ感を久しぶりに感じて、ドキドキしながらスケッチしました。もっと実物を見て描くようにしよう。

 

 

ホーチミンはすっかりコロナ前の生活に戻った感じがあります。最近は外を歩いていてもマスクをしていない人を結構見かけるようになりました。

でも、まだ外国からの入国規制はそのままです。

ニュースで、日本とベトナムそれぞれで段階的に規制を緩和するような話が上がっています。

もう少ししたら、日本に戻ることになりそうです。

 

 

以上です。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

 

4 件のコメント

  • ご無沙汰しております。

    雑踏や路地のスケッチで細部に至るまで書き込まれているところに凄みを感じました。
    花のスケッチも、鹿のおみくじのスケッチでも細かなところまで描かれていて、素敵なスケッチですね。

    日本もまだまだ感染がなくなっていないものの、少しずつ緩やかな生活に戻りつつある気がします。
    ただ、コンビニやスーパーに行ってレジのところでビニールカーテンがかかっているのを見るとまだまだ気を緩めてはならないなと思うのですが。

    もう少しで日本に戻ることになりそうなのですね。
    戻る時には、気をつけて帰ってきてください。

    • アザラシさん、こんにちは!
      スケッチへのコメント、ありがとうございます。スケッチを描き始めた最初の頃、「ラフな感じでサラサラっと描けるのがいいな」と思って始めましたが最近は気がつくと細かいところを描こうとしている自分がいて、ちょっとスケッチに対しての自分のスタンスも変わってきているように感じています。この先どういうところに向かうのか、自分でもよく見えていないところがあるのですが、それもまた1つの楽しみだと思うようにしています。
      7月には飛行機も日本に向けて飛ぶようなのですが、日本に入った後の隔離や移動規制の解除の時期が見えてきたらいよいよ戻ることになると思っています。
      また帰る時になったら、ちゃんと報告しますね^^

  • これだけのバイクを描くのは大変だったと思います!
    アザラシさんも書かれてますが、細部まで描かれているのにびっくりしましたよ。
    目がそういうのに慣れてきてるのかしら^^

    なるほど、実物を観て・・・なのですね。
    たしかに写真にも奥行きのある風景はあるけれど、実際に自分の目で見る奥行きや影、空間っていうものはありますよね。
    わたしも育てているカブトムシちゃんが成虫になったのでスケッチを試みたのですが、とにかく動き回るし、ケースをあけていて飛ばれたら困るので描くのは断念しました(笑)

    • 七迦さん、こんにちは!コメントありがとうございます。いやー、このバイクを描き始めてから「これは大変なモチーフを選んでしまった」と気がつきましたので、全然慣れてなかったです笑。なんとか描き切って、ほっとしました。動き回るものを描くのって、難しいですよね。一瞬で動きを捉えないといけないのですごい集中力と姿を捉える力が要ると思います。反面それができるようになると、一枚の静止画の中に時間の流れが込められた絵になるので、やはり絵の魅力もぐっと上がるのだと思います。いつか私もそんな絵に挑戦してみたいです。動き回るカブトムシを描こうとしてカブトムシと格闘する七迦さんの姿を想像して、なんだかほっこりした気持ちになりました^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です