時短スケッチ_2020年1月6日

スケッチでアウトプット

 

風景スケッチに取り組んでみました。

私がスケッチを始めようと思ったキッカケは、あべまりえ先生の「旅の時短スケッチ」という本を読んで、その魅力にひきこまれてしまったからです。

 

なので、風景スケッチを自分が納得いくように描けるようになるのが私の目的地でもあります。

 

 

で、風景スケッチ一作目。

あべまりえ先生の本からの模写。

・・・。む、むずかしい!

 

空間の距離感を全然掴めませんでした。

見ながら描いているのに、ノートの枠に収まりきらず。

 

 

続いて2作目。

昨日、カフェで過ごしたときの写真から。

日曜日の午後、テラス席で気持ち良い風を感じながらくつろげる、良い空間だったので

心地よい雰囲気が伝われば、と思いながら描きました。

 

うむむ。穏やかな感じにはなりましたが、何かつかみどころの無い感じです。

茂みのところは、色鉛筆を回転させながら描いてみると良い感じになりそうだと分かったので、色のバランスなども試してみたいです。

茂みスケッチ、植物スケッチの苦手意識を克服したいところ。

 

 

両方に共通して、全体の構図がうまくまとまりませんでした。

これは、描きはじめのときに全体枠をあまり考えず成り行きで描いてしまったことが原因と思われます。色々やってみると、課題だらけと気付きますが、それでも描くのは楽しいので頑張って続けます。

 

 

 

 

今日から仕事はじめの方が多いようですね。

ベトナムは旧暦の正月がメインなので、11日もニューイヤーイベントなどあちこちであるものの、どちらかというと今からが本格的な年末という感じです。

ちなみに私は元旦だけ休日で、12日から通常通り仕事でしたので既に年始感はゼロです。

 

今年の旧正月は125日。

これから街のあちらこちらで正月の準備のための夜市が出始めて年末ムードが高まり、楽しい雰囲気が街全体を包みます。

私の好きな季節がやってきました。